実務翻訳雑記帳

特許・技術・法務系の和英翻訳ノート

スキルの掛け算?

複数分野のスキルを組み合わせることで、希少性のある人材になれるという話をよく聞く。ある分野で100人のうちの1人になるまでスキルを磨き、さらに別の分野で同様に修練すれば、両者の掛け算で1万人に1人の人材に成れるとか。

さらに、これらの専門分野が異なっていればいるほど、両軸のなす角度が大きくなり、掃引できる面積が広くなるらしい。

確かに、こんなふうにできれば良いとは思うけれど、実際のところ、専門分野のスキルを維持するためには、実務で頻繁に使うか、あるいは定期的な復習が必要になる。常に意識を向けていないと、スキルはすぐに陳腐化する。溜まった水が腐るように。

現実的な方針としては、実務に使う主なスキルが一つと、それに関連したスキルをもう一つといったところではないだろうか。「角度」が小さければ、掃引する面積も狭くなるけど、頻繁に参照することになるので色が褪せない。


自分でも、いくつかの専門分野を愚直に学んできたけれど、実務上の専門から離れた分野は、スキルの維持が難しい。

様々な分野を貪欲に学ぶ時期があってもよいけれど、一通りやって気が済んだら、メンテナンスを継続可能な分野を絞り込む必要があると思う。スキルの断捨離というか、ときめかないスキルを切り捨てるというか…。

 

実務の中心を特許和英翻訳に置く場合、いくつかの技術分野の知識とともに、法学の知識が重要ではある。特に、特許法民法民事訴訟法、行政法は、一応わかっていたほうがいい。

ただし、どれもこれも深く学べばいいというわけでもない。最重要の特許法であっても、弁理士になるのでなければ、いわゆる「方式」分野の知識はあまり必要ではなくて、中心となるのは「実体」に関する法令と判例に絞られる。弁理士というフロントマンに任せるべきは任せて、特許技術者や翻訳者は、下士官の役割に徹して、実体面を深く掘っていく方がいい。「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」というわけでもないけど、広げるべき分野の角度は、士官と下士官とでは自ずと異なる。


このところ、錆びついた知識をどうにかしようと、いろいろ復習していたこともあって、「スキルの掛け算」という安易な言葉が気になってしまった。もちろん、複数分野のスキルを常に維持できる人もいるけれど、それは、もともと1万人に1人の人材だったのでは、と思ったり…。

et al. と「等」

前から気になってたこと、ツイートしたのですが、いろいろ調べるべきこともあるので、記事に残しておこうと思います。  

 

論文を英訳する場合など、投稿予定があれば、その雑誌の投稿規定に従えばいいだけです。ただ、和文の雑誌に投稿されたものを、英語で読みたい、というだけの要望も結構あって、そうしたときには、投稿規定は関係ない、というか存在しないので、自分で常識的な表記を想定して訳すことになります。

著者3人以上で、「山田等」とされていれば、Yamada et al. とフツウに訳せるのですが、問題は、著者2人の場合。英文では、通例、両名とも表記するのですが、和文では、著者2人でも「等」をつかってしまうケースがあるので困ります。

et al. は、and others の意味なので、語義に忠実に考えるなら、その他が2人以上、つまり略さない人も含めると、合計3人以上の場合にしか使えないことになります。単複の別のない日本語で考える我々は無自覚になりがちなので、こういったところの単複も注意する必要があります。

Websterでも、"Et al. typically stands in for two or more names" とされていて、「等」の部分が2人以上が通例とされています。

やはり、著者2人の場合に、Yamada et al. とするのは、非標準的ということになりそうです。

なので、省略されている他方の著者がわかる場合には、両名とも記載して et al. を使わないようにしています。

ただ、部分訳などの場合、全体の文章が入手できず、調べても出てこないということもあります。そうした場合は、しかたがないので、Yamada et al. と訳してしまい、その表記が非標準的である旨のコメントを付すようにしています。

細かいけれども、気になってしまうポイント。クライアントさんにとっては、それより、誤訳と訳抜けなんとかしろよ!って感じだと思いますが…。

 

辞書を引いたついでに、カンマについても確認しておきたいです。2名表記して他の複数名を略す場合には、et al. の前にカンマを入れて、

Jones, Lee, et al.

のようにしますが、1名表記して他の複数名を略す場合には、カンマを入れず、

Hadid et al.

のようにすると。

一応知ってるのだけど、うっかりしそうなのでメモ。

 

emailとmail 可算か不可算か

John Grisham "Playing for Pizza"を読んでいたら、his e-mails to themという表現がありました。e-mailが可算名詞(複数)として扱われているのですね。

mailは不可算名詞なので、e-mailも不可算だったのだとは思います。それで、email messagesなどの表現を使っていたのですが…。

 

Merriam-Webster Learner's Dictionaryで確認してみると、不可算用法が最初に出ているものの、可算用法もありました。an e-mail messageの意味で、an e-mailとすることができるようです。

ちなみに、e-mailを、単にmailといったりしますけど、mailの項目に、e-mailもすでに載っていました。

mailをe-mailの意味で使うようになると、普通の郵便をどう呼ぶかという問題がありますが、snail mailっていったりしますね。これも見出し語になっていました。

 

最近では、e-mailよりもemailと書くようになってきている気がしますが、とりあえず、MW Learner'sでは見出し語にはなっていませんでした。もうすぐ載るかな。

 

 

emailの問題と関係ないんですが、グリシャムの本、邦訳は上下巻に分かれていて、タイトルが『奇跡のタッチダウン』とちょっと興ざめな感じですが、食や音楽など、イタリア地方都市の大地に根ざした豊穣に圧倒されます。

仲間がトラットリアに集まって、楽しくしゃべりながら、飲むわ食べるわ。GDPには現れていない豊かさ。うらやましいですねぇ。

 

 

奇跡のタッチダウン 上 (ゴマ文庫)

奇跡のタッチダウン 上 (ゴマ文庫)

 

 

 

「備える」と「からなる」

特許分野で、ある装置に、A、B、Cという構成要素がある場合に、

「X装置は、Aと、Bと、Cとを備える。」

と表現しますけど、これは、A、B、Cは最低限含んでいるけど、さらにDも含んでいてもいい、ということを意味する表現です。

訳すと、

An X apparatus comprises A, B, and C.

となります。

ちなみに、クレーム(請求項)などで、X、A、B、Cがいずれも長くなってる場合には、

An X apparatus, comprising: A; B; and C.

のように書くことも、よくあります(文ではなくて、クレーム特有の「句」の表現ですけど)。

英語に慣れてる人だと、be comprised ofが浮かぶと思うのですが、古めかしい正式表現のcompriseを使うのですね。


場合によっては、Dなどを含むと都合がよくなくて、構成要素をA、B、Cだけに限定したいこともあります。それを明確に示すには、

「X装置は、A、B、およびCのみからなる。」

とするわけで、これを英語にすると、

An X apparatus consists of A, B, and C.

となります。特許分野では、consist ofは、他の構成要素を含まないことを示すものと解釈されるので、注意が必要です。

このconsist ofに対応する日本語は、本来、「のみからなる」だったと思うのですが、いつの頃からか、「からなる」だけで、consist ofを意味するように解釈する人が多くなってきたように思います。

ただ、英訳する場合に、原文が「からなる」でも、consist ofと強く表現することは難しくて、やはりcompriseを使いますね。「のみからなる」とはっきり書いてくれてないと、consist ofは使えないです。


compriseは、フツウにみられるbe comprised ofと違って、カッチリしすぎた表現ということなのでしょうか。特許翻訳では、権利範囲を主張する「クレーム」(請求の範囲)には、compriseを使いますけど、技術内容を説明する「明細書」や「要約書」では、compriseではなく、includeを用いる傾向にあります。

ただ、話の流れで、

An X apparatus comprises A.

なんてことになる場合、これを、

An X includes A.

とすると、ちょっと変な感じがするので、そういうときは、

An X apparatus may be A.

と表現することもあります。文脈次第ですけど…。